So-net無料ブログ作成
検索選択
読み物 ブログトップ

「草原の風の詩」を読んで [読み物]

新聞の新刊紹介で知り、随分前に図書館に予約していたのですが、
ようやく順番が回って来て読むことができました。
佐和みずえ「草原の風の詩」

51nn7CMMk9L__SL500_AA300_.jpg

この作者の本を読むのは初めてでしたが、何でも愛媛県在住の双子の姉妹だそうですね。
子供の頃から2人で物語を書き始め、
少女小説から劇画原作まで沢山の作品があるそうなのでご存じの方も多いと思います。
わたしも一応、お名前だけは聞いたことがあったのですが、
サスガに劇画の原作を書いていただけあり、映像が目に浮かび、ましてや字も大きく、
とても読みやすい小説で、あっという間に読んでしまいました。
きっと、漫画好きな方にも読みやすいと思います。

物語は、日清戦争に勝利し、今度は大国ロシアを相手に日露戦争に突入しようとする、
ちょうど「坂の上の雲」や「蒼穹の昴」と同じ時代が舞台です。
列強共々、日本人の目も大陸に向けられていた時代に、
明治政府から内モンゴルの王宮に教師として数人の日本女性が派遣されたそうです。
恥ずかしながら、わたしはこの小説で初めて知りましたが、
そんな実在した明治の女性達をモデルとし、
作者曰く、シャム王家とイギリス人の女性家庭教師を描いた「王様と私」の日本版のようです。
それでちょっとだけご紹介しますと・・・

大陸に憧れを抱いていた亡き父の意思を継いで、
横浜の中国人学校で教師をしていた高見夙子(あさこ)は、明治政府の任を受け海を渡り、
北京から馬賊や匪賊(ひぞく)はたまたロシア兵が暗躍する道なき道を9日間もかけて、
内モンゴルのカラチン王府へと女学校の教師として向かいます。
ただ、ひとつ気懸りがあり・・・単に勉学を教えたい一心の夙子でしたが、
そんな本人の意思とは関係なく、もう一つ任務が課されていたのです。
それは、今までは隣国のロシアに傾倒していたカラチン王府を親日派へと導く任務でした。
そうやって、王府内に君臨する親露派の大臣の手で危険な目に遭いながらも
学校を知らない子供たちに勉学を教えるという自分の信念を持って、
女子教育を根付かせることに邁進するのでした・・・

それから登場人物も実在の方もいれば、作者が作った架空の人物もいます。
でね、その架空の人物の中に魅力的な謎の男が登場するのですが、
コレがただの歴史小説と違い、女性読者の心を掴みそうですね。
じつを言うと、わたしもその仲間ではありましたが~[わーい(嬉しい顔)]

このように、100年も前にこんな辺境の地に出掛けた日本女性が実在したことを知り、
また、刻々と移り変わる戦況なども忠実に書かれ、司馬先生のよりも分かりやすく・・・
そして、ひとりの若い女性としての身を焦がす恋や命がけのサスペンスもありで、
何ともドラマティックな歴史小説でありました。
いやぁ~映画好きなわたしとしては、どこまでも続く大草原を頭に描きながら、
いつかきっと、映像で観たいと思ったんだけど~~[揺れるハート]
その時には誰に演じていただこうかしら~~[るんるん]

あしあと(17)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

来年の大河「江~姫たちの戦国~」のキャストを知って☆ [読み物]

江.jpg

来年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」は、
脚本を手掛ける田渕久美子さんのオリジナルです。
それで4月の初めに、予約人数の多さは覚悟の上で、図書館に貸出予約をお願いしていたのです。
それがようやく、4ヶ月後の今月初めに『上』だけですがやっと順番がきて、
原作を読みながら、いつもの癖で、勝手に頭の中で自分なりのキャスティングをしていたのです。
それがつい最近、もうひと月以上も前にキャスト発表があったと知り~[ひらめき]
すでに皆さんご存じでしょうが、わたしの勝手な思いと共にお話しさせてくださいね。

主役の江を演じる上野樹里については、以前こちらにも記事にしましたが、
田渕さんが描く、伯父の信長似で行動力があり、どことなくのだめチックな面もある江なら、
樹里ちゃんも演じやすいだろうと、親戚のオバサンでもないですが、ちょっと安心して・・・
その姉二人を演じる宮沢りえ水川あさみも、
りえちゃんの淀殿もあさみちゃんの面食い初も、どちらもイメージにピッタリだと思いました。
ただ、宮沢りえは絶世の美女お市の方でもいいなあ~と思っていたもので、
では、お市の方はどなたが?と思っていましたら・・・
ナント!鈴木保奈美が12年ぶりにカムバックですって~~!!
確かにりえちゃんよりも年上ですし、実際にも三姉妹の母だそうで、ましてや美しい!
今回の出演に関しては、プロデューサーの熱い誘いが功を奏したようですが、
何てったって話題性がありますものね~[ぴかぴか(新しい)]
当のプロデューサー氏は「してやったり~」と鼻高々ではないでしょうか?

そして父である浅井長政は時任三郎が演じるそうですが、ここがね、ちょっとね~[あせあせ(飛び散る汗)]
時任さんには申し訳ないけど、わたしとしては、もう少し柔和な長政をイメージしたもので、
この際、せっかくの鈴木保奈美ならもうひと踏ん張りしていただいて、
織田裕二はどうかと思いましたが、それじゃあまりに無理がありますので!?
ここはイメージ通りに江口洋介あたりはどうかしら?なんて、
約20年前の彼らの姿を思い出しておりました~~[るんるん]

でもその他の・・・
幼い江に「己を信じ、己の思うまま存分に生きよ」教える伯父信長役の豊川悦司や、
この役が1番やり甲斐があるように思えますね~秀吉役の岸谷五朗
そしてこちらも早くから遅くまで、出番が多そうな徳川家康を演じる北大路欣也
また反対に、これらの方の出番は少ないでしょうが・・・
権力を持ち過ぎたために秀吉に死に追いやられる千利休の石坂浩二
兄信長亡き後、愛する長政を滅ぼした秀吉を嫌い、お市が再嫁する柴田勝家の大地康雄
それに明智光秀の市村正親など、
絶妙なキャスティングでシッカリガッチリ脇を固めてくれそうです。

そんなベテランと並び、いつものように若手も多数出演で、
浅井三姉妹が初めて絢爛豪華な安土城を訪れ、城の美しさに増して彼らの美貌にも見惚れます。
本能寺では信長共々、短い一生を終える小姓たちですが、
その森三兄弟の森蘭丸に瀬戸康史、そして弟たちの坊丸には染谷将太で力丸には阪本奨悟
この3人の中で、名前を聞いただけで顔が浮かぶのは、
昨年末の「坂の上の雲」で秋山好古の青年期を見事に演じた染谷将太くんだけですが、
あとの二人もさぞや、若いファンにとっては要注目なんでしょうね。

それと、次女の初が一目惚れして嫁ぐことになります京極高次に斎藤工
この高次と初たち三姉妹はいとこ同士なんですよね。
斎藤くんの時代劇は「オトコマエ!」での信三郎でお馴染ですが、
今度は美男といわれた叔父浅井長政に似たオトコマエ武将としての登場です。
そして斎藤くんといえば、朝の連ドラ「ゲゲゲの女房」では小峰役を演じましたが、
今度はアシスタントではなく、義理の兄弟となるんですね~[ぴかぴか(新しい)]

若手俳優の中では、このところわたしの1番のお気に入りです。
江の3番目の夫徳川秀忠を演じることになった向井理
原作『上』では、最後の方にチョコッと少年秀忠が出てくるのですが、
何分、偉大すぎる父の存在に大人しく従いつつも時として、それが面白くないのか?
したり顔で大人っぽく振舞ったり、投げやりな態度をとったりと、
年上ながらまだ大人になり切っていない江にとっては、やりにくい少年として登場するのです。
そんな田渕さんが描く、今までとは一味違うイメージの秀忠に面白味を感じたわたしは、
勝手に向井くんにオファーを出していたのですが~[わーい(嬉しい顔)]
ナント!それが正夢となり、ビックリするやら嬉しいやらで~~[揺れるハート]
益々、来年の大河ドラマが楽しみになった次第です。
きっと、この江・秀忠夫妻も
篤姫・家定夫妻に負けないような夫婦愛を見せてくれることでしょう~[ムード]

まだ『上』しか読んでないので決してエラそうには言えませんが、
サスガに脚本家の田渕さん、人物の動きもよくわかり、
わたしの頭の中では勝手に映像が浮かぶほどで~~[ふらふら]
そしてそれが、なかなか面白そうで、早く来年にならないかと心待ちにしています。
あっ、でもそれまでに『下』を読めるかどうかがチト心配ですが・・・

あしあと(17)  コメント(31)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

読書の春?「みをつくし料理帖」 [読み物]

先月末、読みたい本があり近所の本屋さんしかり、ネットでも探したのですが、
すでに印刷されてないとのことで見付けることができませんでした。
それでふと思い出したのが図書館です[ひらめき]
そんな古いのならきっと図書館へ行けばあるだろうと、
お天気のいい休日の午後、お花見がてらに出掛けることにしたのです。
じつは、我が家から図書館へは散歩に最適な距離なのですが、
わたしの仕事場である店とは反対方向なもので、ここ10年ほど足が遠のいていたのです・・・

1.jpg
図書館への道すがら見かけた塀から突き出た桜・・・

こんな桜を眺めながら須磨図書館に到着し、早速PCで検索するとやっぱり!
永井路子作「乱紋」がちゃんと上下揃ってあるではないですか~[手(チョキ)]
それも誰にも借りられずわたしが来るのを待ってたかのように本棚に!!

というわけで、無口で器量も並みというお江が登場する「乱紋」につづき、
その全く正反対で、動きも素早く行動的で、
浅井三姉妹の中でも1番の美女と謳われたお江を描いた諸田玲子作「美女いくさ」も読み終え、
お次は畑裕子作「花々の系譜浅井三姉妹物語」と・・・
あら~すでにお気付きでしょうか~~[あせあせ(飛び散る汗)]
ただ今、来年の大河ドラマの主人公であるお江の関連本を読みあさっているわたしです。
あっ、もっちろん~大河の脚本を手掛ける田渕久美子作「江~姫たちの戦国」も予約済み!
それにしても当たり前ですが、書き手それぞれのお江がいて、面白い~~[るんるん]
さて、田渕さんのお江はどんなかしら?
はたまた、樹理ちゃんが演じたらどんなかしら??と来年を楽しみに読んでいます。

そしてそれと並行して読んでいるのが・・・
わたしは以前から、江戸は市井物の人情噺が大好きです。
とにかく、かの宮部みゆき作品でも現代物には一切目もくれず、時代小説しか興味ない~[ふらふら]
そんなわけで、山本一力作品も好きですし、つい最近では畠中恵作「まんまこと」にも出会いました。
でも最近1番のお気に入り高田郁「みをつくし料理帖」のシリーズです。

昨年春、本屋さんの文庫本の棚で偶然手にしてからのお気に入り!
その時に1作目の「八朔の雪」を読み新作はいつだろうと楽しみにしていましたら、
秋の10月には2作目の「花散らしの雨」が出、
年が明けて先月、3作目となる「想い雲」が発刊されました。

2010_0414_095307-CIMG8849.JPG

これは大阪に生まれた天涯孤独の少女澪が奉公先の料亭「天満一兆庵」の主に見込まれ、
女ながらに料理人となるのですが、火事で店も主も失うこととなり、
ご寮さん(女将)と2人、江戸店を出したものの失敗し、
姿をくらましてしまった息子を頼って江戸に出て来たところから始まります。
そして、ある縁で「つる家」という小さな料理屋の料理人となり、
ライバル店の嫌がらせなど、幾多の困難にもめげず料理の道を歩んでいくという物語で、
一本気で義理堅い澪を囲む人情味溢れる登場人物といい、
今では忘れ去られようとしている年長者の教えなどにハッと気付かされたりと、
お天道さまに恥じないようにと生きる澪が健気でいじらしく思いながら読んでいます。

それと、もう一つのお楽しみが澪の作る料理の数々です。
毎回、いくつかの料理が登場するのですが、
とろとろ茶碗蒸し、ほろにが蕗ご飯、忍び瓜、ふわり菊花雪などなど・・・
娘らしい優しさのあるネーミングで、読みながらお腹がグゥ~となることも~[ふらふら]
作者である高田さん自身が料理好きだそうで、
ここに登場する料理はみな、ご自分でも調理し、お味見なさってるとか・・・
その証拠に毎回、巻末付録として詳しいレシピが記されています。
中にはお酒の肴によさそうなのもあり、いつかは作ってみたいと思ってます~[揺れるハート]

シリーズはまだまだ続くと思いますが、いつか映画になったらいいなあ~なんて、
その時のために勝手にキャスティングしながら楽しんでいるわたしです・・・

あしあと(13)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
読み物 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。