So-net無料ブログ作成
検索選択
ドラマ「まっつぐ」 ブログトップ

NHK土曜時代劇「まっつぐ」5話までをみて [ドラマ「まっつぐ」]

1.jpg 2.jpg

土曜日の7時半、夕食後の後片付けまでのひと時・・・
食後のお茶を飲みながら、この時間帯の時代劇を何とはなしに観ているのですが、
今回もいつものように、メインの主役に若手を起用し、
ベテラン俳優がその脇を固めるというお馴染の陣容ですね。

ただ、いつもより主要の登場人物が多いように思えますし、
また、捕物控ということで、若者らしい溌剌としたスピード感もありで、
今までのとは少し違う面白みを感じながら観ています・・・

そして昨夜の5話では、主人公の大店の手代をしていた政次にとって、
これまでの人生で、いえ、それよりも長いこれからの人生において、
とても大事な分岐点を迎えることとなりました。
ナント[ひらめき]江戸有数の呉服問屋「松阪屋」の手代から十手持ちへの転身です。

確かに、第3話でも政次の頭や度胸の良さに目を点けた、
金座裏の宗五郎親分からそんな申し出はありましたが、
その時は、店にとって大事な人材だからと断られていたのです。
それが、「松阪屋」のご隠居が絡んだ事件での政次の活躍ぶりに、
そのご隠居自らが、店を辞めて宗五郎親分のもとへ行けと言いだしたのでした。

きっと、ご隠居は以前から、宗五郎と同じ思いだったと推察しますが・・・
わざわざ政次の目に留まるように残した判じ物にしても、
十手持ちとしての政次の素質を見極めるためだったのでしょうか?

ところで、先日のわたしの宮島旅行記事でも登場しましたこの判じ物

2010_0426_155430-CIMG9028.jpg

ご隠居が残したのは、こんなのとは比べ様がないほどに難しかったのですが、
このドラマをご覧になった方で、
政次のようにちゃんと解かれた方はいらっしゃいましたでしょうか?
わたしなんて「犬に三つ葉葵で犬公方のことか~?」なんて、
トンチンカンな考えが浮かぶのがやっとでしたが~[ふらふら][あせあせ(飛び散る汗)]

でね、そんなドラマの出演者ですが・・・
ここへ来て、主役の政次を演じる橘慶太くんが頑張ってますね~[手(チョキ)]
はじめこそ、初の時代劇ということで、演技にもたどたどしさを感じましたが、
最近では、手代らしい身のこなしも自然に見え、好感を持って観ています。
ステージ上で、ファッショナブルな衣装に身を包み、
歌い踊る彼と同一人物には見えないのもイイですね・・・

そして、ベテラン俳優の出演者の中では、やはりピカイチはこの方でしょうか~[ぴかぴか(新しい)]
とにかく、この人に打って付けの役柄です~宗五郎役の松平健
昨夜も長十手を片手にしての殺陣まわりを見て、
思わずカッコええ~~[揺れるハート]とつぶやいておりました・・・
何とも渋い男マエの役柄で、ご自分でもお楽しみではないかしら~~!?

さて、昨夜の5話が済み振り出しに戻り、
来週よりようやく、主役政次の鎌倉河岸捕物控の始まりとなりましたが、
来週からの捕物ぶりが楽しみですね。
金座裏には幼馴染の亮吉もおりますし、
これからは、今まで以上にお互い助け合いながら、
ライバル心なんかも芽生えたりするのでしょうかね~??

あしあと(9)  コメント(10)  トラックバック(2) 
共通テーマ:テレビ

NHK土曜時代劇「まっつぐ」第1話をみて [ドラマ「まっつぐ」]

昨夜はスペシャル版ということで、通常30分の番組が73分もありましたね!
コレって、NHKさんも力を入れてらっしゃる証拠でしょうか!?

まっつぐ鎌倉河岸捕物控

1.jpg 2.jpg

これはこの時間帯でも人気のある「陽炎の辻」につづく、佐伯泰秀原作の時代劇です。
先日、時代小説が好きだと書いたわたしですが、
武士や捕り物をメインにした作品が多い佐伯さんの作品はあまり読んだことがありません。
それでどんなのかな?と、期待半分で見たのですが、
公式サイトによると、捕物帳の姿を借りた青春グラフティーだそうで、
主人公は鎌倉河岸の裏長屋で育った仲の良い3人の若者たちです。

子供の頃から利発で今は呉服問屋「松阪屋」で手代をしている政次、
金座金座裏の宗五郎親分の元で手先として働くおっちょこちょいの亮吉、
デカイ図体のわりに、心は優しく涙もろい船頭の彦四郎の3人で、
彼らのマドンナ役として、浪人の娘で酒問屋で働くしほが絡んでいます。

そして昨夜の第1話では、そのしほの父が何者かに殺され、
それによって、しほの出生の秘密が明かされると共に、何やら追手に追われる身となりそうな?
どうやらしほちゃんの身が危険に晒されるようなんだけど、
きっと若者3人が三銃士の如く、身を呈して守るんでしょうね~[パンチ]

そんな若者達を演じるのは・・・
政次には目元が天地人での景勝役でお馴染の北村一樹に似てるw-inds.橘慶太くん
いつもは真ん中で歌ってる背の高い彼ですよね?
ちなみに主題歌も彼らが歌うスピード感溢れる「Addicted to love」です[るんるん]
それに亮吉には、彼も名前を知ったのはこれが初めてですがお顔は見憶えがある中尾明慶くん
ただ、綺麗な涙を流す彦四郎役の小柳友くんは今回初めて知りました。
それにしても小柳くん、身長は本当に高そうで、いったいどれ位あるのでしょう?
そしてマドンナしほには、まだお顔にあどけなさの残る柳生みゆちゃんです。

また、初めての時代劇経験であろう若い役者を引き立たてるように脇は豪華なベテラン揃い!
中でもピカイチ!その名も金座裏の九代目宗五郎親分に松平健が~~[ぴかぴか(新しい)]
いやぁ~よう似合ってはる!!
この方の為にあるような役柄で、ご本人も演じやすいだろうと思いますね~[手(チョキ)]
でね、その女房のおみつを南野陽子ちゃんが粋に演じているのですが、
懐かしや~中井信玄の時に可憐な諏訪御前を演じてもう何年が経つのでしょう・・・

そしてその他には、お馴染竹中直人がしほが働く気のいい酒問屋の主人とドラマの語り手を、
それと北町奉行所の同心寺坂毅一郎を見て「見た事あるな~誰だっけ?」と思ってたら・・・
ナント!久々の山田純大くんではないですか~!
いやぁ~彼もおいくつになったのかしら?ヤケに男っぷりが上がったように思ったんだけど~[グッド(上向き矢印)]
やはりお父様譲りか?髷姿がよくお似合いだわ~[ぴかぴか(新しい)]

ドラマは13話完結だそうですが、この原作はシリーズ化されており、つい最近も新作が出ています。
それに、今は手代として働く政次が岡っ引きへと転身するそうですし、
何やら面白そうな雰囲気が漂ってきちゃ~いませんか!?
というわけで、時代小説好きなわたしも続けて見ようかと思っているのですが~[揺れるハート]

あしあと(11)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
ドラマ「まっつぐ」 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。