So-net無料ブログ作成
検索選択
神戸グルメ ブログトップ
前の5件 | -

久々にfiloでディナー [神戸グルメ]

昨夜は久々に姉妹四人で、みんなのお気に入り[ハートたち(複数ハート)]
水族館の前にある神戸・須磨filoディナーを楽しみました。
それぞれに友人同士ではお邪魔することはあるけれど、
四人揃ってのディナーは本当に久しぶりでした。
そしてその間に、パティシェである奥様は目出度く長男を出産され、
今は産休中で、代わりに腕利き女性シェフの助っ人が!
何でもシェフの元同僚とかで、何とも頼もしいったらありゃしない~~[ぴかぴか(新しい)]

そんなディナーは、いつも通りに乾杯から始まり、先ずは前菜です。

1.JPG

まるで懐石料理の八寸のように盛られ、
どれから食べようかと迷いながら口にしたのはスズキのカルパッチョ、
すると誰からともなく「コレ美味しい~」と声は聞こえるのですが、
もはや目はお皿から離れず、それが何かを確かめることもなく・・・
お箸は黒っぽい器の中の帆立(みんなは牡蠣)とパンチェッタのソテーに~[るんるん]
そしてじゃがいもとゴルゴンゾーラのグラティネにつづき、
赤く染まった洋ナシのコンポートと塩加減抜群のコッパハムに感動し、
グラスに盛られたキノコのブラマンジェを最後の〆としたのですが、
冷たくアッサリしたお味で、ちょうどイイ口直しとなりました~[手(チョキ)]

そしてお次は、あさりと冬野菜のズッパビアンコ
ズッパビアンコとはチャウダーのことで、
大好物を目の前にしたワタシは「嬉しい~~[揺れるハート]

2.JPG

ちなみに冬野菜の中には、蓮根も入っておりました~[ひらめき]

その後パスタリゾットになるのですが、
わたしはイタリア産ポルチーニ茸のクリームリゾットをチョイス

3.JPG

同じくリゾットをチョイスした次姉と顔を合わせ
思わず「美味しいね~~」と合唱した次第です~[わーい(嬉しい顔)]

そしてようやくメインの登場で、
北海道産真鱈のソテー 煮込み玉ねぎのソースとポレンタ、

4.JPG

いろいろと勉強になりますが、ポレンタとはとうもろこしのことで、
見た目はマッシュポテトのようですが、
お味はシッカリとうもろこしでした~当たり前ですが・・・
あ~それにしても、鱈の美味しさはもとより、玉ねぎの旨みが大いに効いて、
まるでこのお料理の主役のようでございました~[ぴかぴか(新しい)]

5.JPG

そしてその後、時間を少しおいてからデザートが出され、
いつものように美味しいコーヒーと共に、
デザートは別腹と話しながら・・・
当たり前のように完食したわたし達でした~[るんるん]

6.JPG 7.JPG

こうやって、2時間ほど楽しいひと時を過ごし、
わたし達の代わりにお婆ちゃんを看てくれている姪へ
奥様手作りのお菓子をお土産にして帰途に就きましたが、
はて、四人で今度はいつ来れるでしょう?
ああでも、来月から水族館のイルミナージュも始まることだし、
また友人を誘って来ようと、心密かに企んでいるワタシです・・・

松廼家でランチ~♪ [神戸グルメ]

淡路・阪神大震災後、兵庫県は他府県に比べ、
後継者問題に加え、震災後の景気不振などから暖簾を下ろしたお店も多く、
老舗といわれる飲食店の数は他府県よりも非常に少なくなってるそうです。
それで、それを危惧したひょうご老舗会がこんな冊子を作りました・・・

1.JPG

神戸で生まれ育ち、終生神戸を離れなかった版画家、
川西英さんの表紙が何とも神戸らしいこの冊子を知人からいただき、
懐かしい思いで見入ったのですが、こちら松廼家(まつのや)もこの中に登場しています。
ただ、歴代総理大臣や川端康成、東山魁夷など名立たる文化人や、
石原裕次郎などスターを顧客に持つ一見さんお断りの高級料亭だったため、
我々一般庶民にはそれ程知られておりませんでした。

そんな高嶺の花だった料亭が震災後、花隈から三宮に場所を移し、
老舗料亭の誇りを持ちつつも、もっと手軽に楽しめる日本料理店となったそうで、
それをわたしが知ったのは、この冊子をいただいた少し前のことでした・・・

今年の初め、雪がチラつくある日のお昼時、
買い物に出掛けた長姉と次姉二人が三宮センター街を歩いていると、
突然マイクを持った男性に「一緒にランチしませんか?」と声を掛けられたのでした。
何でも大阪の某TV局の夕方にある番組に、
視聴者とディレクターが一緒にランチするというコーナーがあり、
この日はいつもより少しハイソに神戸マダムとのランチというテーマだったとかで、
偶然目の前を歩いていた姉達に白羽の矢が立ったのでした。
それで躊躇しながらも知ってる番組であったこともあり、
長姉が以前から気になっていたこちらへお連れし、
先付からデザートまでのサービス膳(2500円)をご馳走になったのでした。
そしてその放送時に美味しそうな料理は勿論!松廼家の詳しい紹介もあり、
録画を見たわたしも機会があればぜひ行こうと、心に決めていたのでした・・・

2.JPG 3.JPG

という訳で、前置きがやたら長くなりましたが、
前記事のバービー展の時、ようやくお邪魔することができました。
ただ、いざメニューを見た姪が「こんなに要らない~わたしはこれでイイ」と言い出し、
それじゃ~わたしもと、姉達がいただいたサービス膳ではなく、
焼魚・天ぷら盛り・焚き合わせのいずれか2品を選んでの
和定食(1500円)をいただくことになったのです。

4.JPG

焼き魚が食べたかったわたしは天ぷら盛りとのセットにしましたが、
少し黄みがかった銀杏の葉っぱに季節の移ろいを感じる
サワラの幽庵焼きが運ばれヤッタ~~[手(チョキ)]

5.JPG

好きなんですよね~魚のつけ焼きが~~[揺れるハート]
ましてやサワラも大好きなお魚だし、天ぷらも含め何もかも、
関西人好みのお味で美味しく、大いに満足しながらいただいたわたし達でした。
そうやって食べ終え、「美味しかったね~これで充分やったね!」と話していたら、
まだ水菓子があるとのことで、最後に運ばれたのがこちらでした。

6.JPG

何の説明もなく、スタッフの「先ずは食べてみて下さい」との言葉に従い、
ひと口だけ口に入れ、すぐに判明!
柿のプリンじゃないですか~~[るんるん]
ほんのりオレンジがかっていたことからも察しはできたけど、
柿本来の甘みが何とも心地よい季節感満載のデザートでありました~~[ぴかぴか(新しい)]

あ~久しぶりに美味しい和食をいただき大満足でしたが、
今度はぜひ、老舗の懐石コースをと願うのは当たり前のことですね~[わーい(嬉しい顔)]

話題の和での中華ランチ~♪ [神戸グルメ]

明治の神戸港開港後にやってきた華僑のお陰で、
神戸には美味しい中国料理店が多いです。
そんな中、神戸市がハイレベルな技術 ・技能者として認定する、
「神戸マイスター」のひとりでもある日本人シェフが
長く務めたホテルの料理長を辞し、
昨年3月オープンしたというお店へ出掛けました。


お昼時を外し、1時前に到着したので待つこともなく、
すぐにテーブルに案内されました。
それでメニューとニラメッコして2000円のレディースコースをお願いしました。
何でも2名以上で13時から注文可能なお得なコースだということで、
姉と一緒だったこともあり、せっかくだからとソレにしたのでした。
でね、ちなみに「レディスコース」とはありますが、
2名なら男性でもOKだそうなのでご安心を~[手(チョキ)]

それで厨房でのバチバチと油のはねる音を聞きながら待つこと数分、
最初に現れたのは皮がパリッパリに揚げられた春巻きでした。

2.JPG

これに辛子とお醤油をつけていただきましたが美味しかったですね~~[ぴかぴか(新しい)]
特に口の中でのパリッパリの皮の触感がタマラナイ!
ふたりして大いに満足し、お次の料理が益々楽しみになりました~[るんるん]

で、そのお次がまたしてもタマラナイ!ったらタマラナイ~~!!
海老のマヨネーズソースのストロベリー風味とのことで、
つぶしたイチゴが入ってるではないですか~~[ひらめき]

3.JPG

ホンノリ感じるイチゴの味が何とも珍しく意外に思いながら、
マヨネーズとの相性がいいのを初めて知ったわたし達でした~[揺れるハート]
後でスタッフに聞いたところ、季節に応じてソース味を変えるそうで、
そんなところでも季節感を大事にされてるようですね。
ただ、そう聞くと、夏はどんなの?秋は?で~冬は??と、
他のお味が急に気になるんだけど~[ふらふら]

4.JPG

そして蓋付きの器に入った蟹肉入りフカヒレスープが運ばれ、
蓋をとった途端、フゥ~ッと蟹の匂いがし、またまた喜んだのですが、
ひと匙口に入れてあまりの薄味にビックリ!
それで思わずそばにあったお醤油を少したらしましたが、
やはりそういう問題ではなかったようで??
正直言って、コレはチト残念でありました・・・

が、しかしお次のアーモンドの香り漂うイカのレモンソースでは見事に挽回で~[ぴかぴか(新しい)]

5.JPG

本当は鶏だったのを姉が口にできないものでイカに変えてもらったのですが、
やわらかくて美味しいイカに色も鮮やかなレモンソースがからみ、
コレまた美味しくいただいたのでありました。

6.JPG

その後、飲茶3種盛りが運ばれましたが、この中では・・・
ふと台北の鼎泰豊を思い出したスープの入った小籠包が美味しかったです。
そしてタイ米の蟹肉入りレタス炒飯につづき、
デザートのタピオカ入りココナッツミルクで〆となりました。

7.JPG 8.JPG

こちらのことは、ある冊子で知り、
そこで紹介されてた海老ワンタン麺に惹かれ出掛けたもので、
次回は必ずや、大地魚(カレイの一種)と干し海老で出しをとったという、
その海老ワンタン麺をいただきに再訪したいと思います~~[るんるん]

神戸の「かもめ食堂」 [神戸グルメ]

フィンランドはヘルシンキのではありません・・・
神戸は中山手にあるかもめ食堂へ行ってまいりました。

1.JPG

いえね、ふとしたことでこちらのお店を知り、
その屋号からずっと気になっていたんですよね。
ほら、映画好きの方に限らず、TVでも放映されましたから、
沢山の方がご覧になったと思うのですが・・・

01.jpg

人気作家の群ようこが映画の為に書き下ろし、
小林聡美、片桐はいり、もたいまさこと個性豊かな女優を揃え、
荻上直子監督がヘルシンキを舞台に描いた作品で・・・
ヘルシンキで和食店を開いた日本女性と、
そこに集まった人達の心温まる交流が淡々と描かれ、
見終えた時、何気に気分良かったのを憶えています。

そんなことがあり、あの映画のファンが開いたお店かしら?と、
ずっと気になっていたのですが、行ってみると正しくその通りで~~[ひらめき]
30代らしき女性オーナーが経営する白くて可愛いお店で、
心にも体にも良さそうなお惣菜が並んでいました。

2.JPG

こんな白いカウンターに丸椅子を並べただけのイートインコーナーでいただくのは、
いわしのメンチカツやコロッケなど5種類の中から選んだメイン1品と、
ショーケースの中に並んだ10種類ほどのお惣菜から3品を選び、
それにご飯とお味噌汁がついたかもめ定食850円です。
ちなみにわたしは、だし巻きをメインにして、
あとはサバの南蛮漬けとポテトサラダ、そして人参サラダをチョイスしました。

3.JPG

こちらでは、濃すぎず、薄すぎず、
誰にでもなじみやすい味にして「ふだんごはん」を目指してるそうですが、
まさしくわたし好みで、どれもこれも食べやすくあっという間に完食した次第です。
ただ、反対に・・・
「ふだんごはん」だけに、特別なモノの期待はできませんね。
それと、お料理上手な方には物足りなさを感じるかも?

でもまあ、それにしても・・・
毎日、限定50食の日替わり弁当が500円というのはお買い得ですね~[手(チョキ)]
この日も、大半がお弁当目当てのお客様のようで、
次々にお買い上げでしたもの~~[るんるん]

サンミケーレと初詣 [神戸グルメ]

例年通りではありますが・・・
遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします~~初日の出_SH.gif

と、いつもなら・・・
こんな新年のご挨拶の後には家族旅行の記事が続くのですが、
今年は母のデイケアがお正月休みの間もあるとのことで、
こんな機会は滅多にないからと、姉妹4人揃ってのお出掛けを計画しました。
とにかく、一昨年の母の怪我から誰かが必ず付き添っているもので、
なかなか4人でのお出掛けができず、寂しい思いをしてたんですよね。
それで急遽、ランチをすることになり、
お正月休みでもあり、お気に入りのお店は開いてないけど、
ホテルのレストランなら大丈夫だろうと、
久しぶりにホテルモントレ神戸にあるサンミケーレを予約しました。

1.JPG

中世ヨーロッパをイメージしたこちらのホテルが開業した時は、
珍しさもあり何度か訪れていたのですが、今回は20数年ぶりの訪問だと思います。
なので、当時とは違う場所にあり、少し迷いながらレストランのドアを押しました。

今回のメニューは、お正月ということで特別メニュー(3200円)となっており、
先ずはシャンパンで新年を祝い、しばらくして甘味が特徴の安納芋のスープが運ばれ、
その後、新鮮な野菜とまぐろ、ハマチのカルパッチョを白ワインでいただき、
完璧なアルデンテに茹でられた生ハムのトマトソース仕立てのパスタとつづき、
スズキのソテーに赤ワインのソースが効いたフィレステーキとフルコースを堪能し、
アイスを包んだクレープのデザートまで、
とても美味しく、また楽しいひと時を過ごしました~~[るんるん]

2.JPG 3.JPG
4.JPG 5.JPG
6.JPG 7.JPG

以前とは違い、こじんまりとして席数もグッと減っていましたが、
お味は相変わらずで、ホテルの中ということもあり、
隣接する初詣でごった返す生田神社の喧騒など嘘のように、
静かでゆっくりお食事することができ、こちらは穴場としておススメです~[ぴかぴか(新しい)]

8.JPG

そうやって、美味しいランチを済ませた我々も生田神社へと向かい、
初みくじを買ったところ、わたしのはこちら・・・

9.JPG

まあ、イイこともあればその反対も!?ということでしょうか~~[手(チョキ)]
それにしても、沢山の人で賑わっていましたが、
お賽銭箱の中には、一万円札の姿などどこにもなく千円札どまりで、
消費税アップとなる今年の景気はいかがなものか??

10.JPG

揃いのハッピ姿で神戸太鼓を打ち鳴らす子供達に合わせて、
景気も上手くリズミカルに動くことを願うけど、
はて?大丈夫かしらん・・・

前の5件 | - 神戸グルメ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。