So-net無料ブログ作成
検索選択
K・ODAクリスマスの約束 ブログトップ
前の5件 | -

クリスマスの約束2013 [K・ODAクリスマスの約束]

このところ、「ごちそうさん」に間に合うよう母を起こし、
一緒に朝食を摂りながら15分間だけTVの前にいるのですが、
それ以外はゆっくりする時間がなく、
TVに見入る機会も滅法少なくなりました。
ましてや夜は、自分は観ようと思いながらもしばらくしたら必ず寝てしまい、
気が付いたら終了してしまってることが多く、
もう、どうでもよくなってしまうんですよね・・・

そんな日々の中、今年もクリスマスが近付き、
毎年、当ブログの1年の締めくくりとして記事にしている
小田和正の「クリスマスの約束」の時期が来て、
一応、25日深夜の放送を録画し、お正月にでも観ようと思っていたのですが、
昨夜、思いがけずに母が早めに寝入ってくれ、
母の部屋を気にしながらどうにか録画を見終えることができました~[揺れるハート]

[クリスマス]クリスマスの約束2013[クリスマス]
056.jpg 736.jpg

ところで、今年1番最初に登場したゲストは吉田拓郎でしたが、
アレって、10月にBSプレミアム で共演した時に決まったのかしら??
因みにわたしはデビュー当時から彼の歌い方が好きになれず、
ジックリ聴いたことはありません。
なので1曲目の「落陽」はサビの部分に憶えがあるだけで、
2曲目の「リンゴ」に至っては、今回初めて耳にしたと思います。
でも、そんなわたしでも当時、ラジオでよく流れた「人生を語らず」や
私は今日まで生きてみました~[るんるん]のフレーズには懐かしさを感じました・・・

あ~それにしても、ご本人もおっしゃっていた、
微妙な存在同士だったこの2人のハモリが聴けるとは・・・
人間長く生きるのもイイもんだ~~[手(チョキ)]
それから2人の対談番組が再放送されるそうなので、
放送日時など、興味のある方はこちらをどうぞ!

そしてその後、今度はクリ約小委員会メンバーの登場で、
お馴染みスキマスイッチの二人といきものがかりの水野くん、
それにスタレビの根本要との5人でモータウン絶頂期の「PLEASE MISTER POSTMAN」
そしてスキマの「奏(かなで)」がシットリと続いたのですが、
これを歌い終わってからの水野くんのコメントが面白かったですね~[わーい(嬉しい顔)]
何でも拓郎・小田の大ベテランの歌を聴きながら、俄然本気モードになったとかで、
シットリと歌い上げる大橋くんの歌を隣で聴きながら泣きそうになったそうな~[あせあせ(飛び散る汗)]
まあ、確かにあの奏はいつも以上に心に響く出来でありましたが・・・

そうやってその後、今は亡き清志郎が訳詞した「デイ・ドリーム・ビリーバー」を歌い、
今度はミスチル桜井和寿の登場でした。

10年ぶり出演の彼についても、どうにもあの苦しそうな歌い方が好きになれず、
いつもはラジオで流れるのを聴く程度です。
ただ、誰もが認めるように、彼の作る楽曲の素晴らしさは理解しており、
今回も歌詞を見ながらイイ歌作るな~~と、感心しながら「365日」を聴きました。
そして小田さんの東北に向けての「その日が来るまで」に続き、
2人で作ったという「パノラマの街」が披露されたのですが、
夫々の個性がクッキリと浮き出た仕上がりで一人ニヤリとしておりました~[わーい(嬉しい顔)]
そうやって、今や日本のクリスマスソングの代名詞となった「クリスマス・イブ」で退き、
今度は小田さんの母校、東北大学の混声合唱団67名の登場です。

2007年にも、同じく母校となる早稲田大学のグリークラブが登場し、
創部100周年を記念した「この道を行く」が披露されましたが、
今回は、東日本大震災の復旧と復興に頑張っている、
東北大学の同窓生や在校生、それに教職員みんなを元気づけ応援しようとの、
東北大学総長直々の要請で、校友歌「緑の丘」を作ったそうです。
みんなで簡単に歌うにはチト難しそうだけど、
いつまでも沢山の人に歌い継がれればいいですね。

そしていよいよラストコーナーとなり、ここへきてようやく!
小委員会メンバー同様に、クリ約のレギュラーとなったJUJU松たか子の登場でしたが、
随分待たせた割に、何のコメントも聞けず、チトガッカリ・・・
あっ、コレって~先日のフィギュア日本選手権エキシビション放送において、
肝心要の演技をカットされた気の毒な町田選手を思い出す~~[失恋]

きっと、あの場では何らかのコメントはあったのでしょうが、
2人の綺麗な声のファンとしては寂しかったですね・・・
まあ、それにしても、わたしも大好きなバカラックの名曲
「What The World Needs Now Is Love」を聴けたからイイケドね~~[るんるん]

と、最後はグチ気味になりましたが、
ことしもまた、この記事で当ブログの一年を終えることができ良かったです・・・

何分、今はブログどころではなく、更新が途絶えがちではありますが、
自分が思い語りたくなった時には、どうにか更新しようと思いますので、
来年もまた、どうぞお付き合いのほどお願いいたします。

では、皆々さま、良いお年をお迎えくださいませ~~[ぴかぴか(新しい)]

それから、勝手ながら・・・
お返事は遅くなりますが宜しければコメント下さいね!

あしあと(12)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

クリスマスの約束2012 [K・ODAクリスマスの約束]

今年は時間がなく、前もってのお知らせはできませんでしたが、
当ブログの1年の締めくくりとして、毎年記事にしているこちら・・・

[クリスマス]クリスマスの約束2012[クリスマス]
056.jpg 736.jpg

今回で早、12回目となりましたが、
ご覧になられた方はいらっしゃいますか?
何分、深夜放送なのでこの所、寝不足気味のわたしも昨夜録画を観たのですが、
24組42人による28’28”の大メドレーで大いに盛り上がった昨年に比べると、
今年はゲストも少なめで、チョッピリ寂しげではありましたね。
ただ、それはそれでシットリと落ち着きがあり、
ゲスト達との会話も楽しむことができましたし、
勿論!音楽番組の質としても何ら見劣りすることなく・・・
今年もまた、素敵な音楽のクリスマスプレゼントをいただけたと思いました~[プレゼント]

ところで、今回の会場は舞浜アンフィシアターと言って、
ディズニーランドの中にあるんですってね!
でもって、かのシルク・ドゥ・ソレイユも使ったそうで、
そんな会場側からの熱烈ラブコールで番組側が特設ステージを組んだとか・・・
お陰で、古代ローマの円形劇場のような素敵なステージとなり、
いつものように素晴らしいライティングに増して、
天井からの円形のライティングがとても印象に残りました。

そんなステージは、小田和正さんがニコニコ顔で、
もっと僕らは自由になれると歌う「やさしい雨」から始まり、
この曲に合わせたライティングがとても綺麗な「キラキラ」で観客と一体化し、
とても楽しげに「東京の空」へと続け、
ピアノの弾き語りで映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の主題歌でもあった、
BUMP OF CHICKENの名曲「花の名」へと続きました。

そしてその後は、今年も選曲に立ち合ったという小委員会メンバーの登場となり、
スキマスイッチの二人といきものがかりの水野くん、それにスタレビの根本要との5人で、
いきものがかりの「風が吹いている」いつもの聖恵ちゃんバージョンより、
チョッと大人っぽさがでてましたし、水野くんのボーカルも新鮮でした。
で、2曲目にはクリスマス風に素敵にアレンジされたSAMPの「らいおんハート
5人のハーモニーが何とも気持ち良く、もう少し聴いていたかったのはわたしだけ?

そうやってゲストが変わり今度は、
同じくクリ約常連の女性陣、JUJU松たか子の登場で、
先ずはJITTERIN'JINNの「夏祭り」から、何とも懐かしい~~[るんるん]
わたしも声や歌い方が好きだった大貫妙子の「夏に恋する女たち」
ちなみに小田さんもター坊の声が好きだと言って、
オフコース時代に2人で歌ったことがあったっけ~[ひらめき]
そんなこともあり?今回、JUJUと松たか子に歌わせたかったようですが、
特に、たか子ちゃんの声に合っているように思いました。
でね、反対にその後のキリンジの「エイリアンズ」はJUJUにピッタリでしたね~[手(チョキ)]
何でも彼女自身もライブで歌ってるそうだけど、納得ですね!

そして最後のゲストだと紹介された絢香の登場です。
彼女は初めてのクリ約出演でしたが、
小田さんとの共演を楽しみにしてたようで「ツヨク想う」の後には、
彼女のリクエストで小田さんの「たしかなこと」を歌ってくれました。
でね、どんな時もきっとそばにいるからと歌う彼女の左手に光るリングを見ながら、
幸せな結婚生活を送ってるんだな~と、
ナンの関係もないお節介オバサンは安心した次第です~[わーい(嬉しい顔)]

そうやって、その後もチューリップの「夕陽を追いかけて」など数曲続き、
震災の時は、歌なんて歌っても何の力にもならないんじゃないかと思っていたけど、
時が経つにつれ、歌にも出来ることがあるんじゃないかと思い始めたと話し、
ギターの弾き語りでの「君のこと」がラストソングとなりました・・・

正直言って、一視聴者であるわたしなども、
こんなに続くとは思ってなかったけど、すでに12年が経ってます。
小田さん曰く、記憶力が衰えてきてるから不安になり、
これからは益々、それとの戦いになると話してましたが、
それでももう少し、カンペ片手に頑張ってほしいですよね~[揺れるハート]

さて、これでいつものように当ブログの一年を終えさせていただきます。
今年は秋から、生活リズムが変わるほどにいろんな事があり、
ブログ更新も途絶えがちになりました。
そんな中、いつも通りにお立寄り下さった皆様、
そして楽しいコメントを下さった皆様、どうもありがとうございました!
また来年もどうぞよろしくお願いいたします。
では、皆々様、良いお年をお迎えくださいね~~[ぴかぴか(新しい)]

尚、年末から年始にかけ、
PCから離れますのでお返事が遅くなりますが、
宜しければコメント下さいね!

あしあと(15)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

クリスマスの約束2011 [K・ODAクリスマスの約束]

さて、今年もやってきました!
[クリスマス]クリスマスの約束2011[クリスマス]
前の記事においてお知らせをしましたが、ご覧になれましたか?
あっ、mint_teaさんはダメだったのよね・・・
うぅ~ん、何とも残念なことをしましたね~[ふらふら]

ということで、ちょっと遅くなってしまいましたが、いつものように、
ご覧になれなかった方も雰囲気だけでも味わっていただこうと・・・
また、colletの覚え書きとして、こちらに残しておこうと思います。

056.jpg 736.jpg

オープニングは小田和正一人での登場で、
ン十年前、わたしがオフコースファンとなる切欠を作ってくれた「僕の贈りもの」
小田さんのギターの弾き語りで途中、歌詞を変え
からあなたへの贈りものです[プレゼント]と歌われました。

そして頼もしい仲間を呼び、スタレビの根本 要とスキマスイッチの大橋卓弥の登場で、
3人でギターを弾きながら歌ったのは・・・コレまた!懐かしいィ~~[揺れるハート]
歌のタイトルよりもスカイラインのCMソングとしての方が有名でしょうか?
小田さんの友人でもあったBUZZの「愛と風のように」
歌う前、みんなしてイイ曲だと話してましたが、
3人のハーモニーが益々、名曲をステキにさせていたように思います~[ぴかぴか(新しい)]
それにしても、大橋卓弥くんはまだ生まれてなかったんじゃないかしら?

そしてその後、スキマのもう一人常田くんといきものがかりの水野くん登場で5人となり、
今回は残念ながら不参加となった、
小田さんの同志ともいえる財津和夫に敬意を表して「魔法の黄色い靴」を・・・
思わずチューリップ版での可愛い声を思い出し懐かしく思ってましたら、
それに続いて、山本潤子さんの登場で、「卒業写真」ときたもんだ~[目]
あ~これもユーミンの名曲の一つだと思いますが、
この潤子さんのソフトな声のレコードをどれ程聴いたことでしょう・・・
歌詞など、スッカリ暗記しており、
観客の皆さん同様に、声に出して歌ったのは言うまでもありません~[るんるん]

1.JPG

そうやって潤子さんの歌で懐メロタイムは終了し、
いよいよ42人のアーティストの登場です~~[ぴかぴか(新しい)]

2.JPG 3.JPG
4.JPG 5.JPG
6.JPG 7.JPG
8.JPG 9.JPG

前回の2009年の時は、21組34人での22’50”でしたが、
今年2011年は、リハーサルに22日132時間を要したという、
24組42人による28’28”の大メドレーとなりました~[ハートたち(複数ハート)]

1.jpg

アカペラでの「We Wish You A Merry Christmas」から始まり、
来てくれてありがとう~と、2年前にも歌われた「この日のこと」につづき、
トップバッターは一青 窈が「もらい泣き」をシットリと歌い、
鈴木雅之とハイタッチを交わし、雰囲気もガラリと変わって陽気に「め組のひと」
そしてクリ約には、2007年以来の登場ですね。
あの時は、小田さんとまるで父娘のようだった矢井田 瞳の「my sweet darlin'」
で、こちらはすでに常連となり、小田さんとはお爺ちゃんと孫のような?
清水将太の「アイシテル」
また、同じく切っても切れない仲?の松 たか子「桜の雨、いつか」

12-1.JPG 12-2.JPG

そして初登場で、以前から、この番組を見ていつか出たいと話していたと言う、
MONKEY MAJIKの「空はまるで」
このカナダ人兄弟は、歌詞を全部ローマ字に変えて覚えたそうですが、
それには小田さんも感心しきり!
そしてこれがデビュー曲でしたね、Aqua Timez「決意の朝に」につづき、
中村 中の「風立ちぬ」と、昨年も登場したKiroroの玉城千春の歌う「長い間」
千春ちゃん、以前よりの願いが叶い感動しきりで最後は涙ぐんでたのが印象的でした。

15.JPG 16.JPG

その後「小田先生が怖いことは知ってるんです!」発言で笑わせてくれた
藤井フミヤの「Another Orion」と
Sing Like Talkingの佐藤竹善が歌う「Spirit Of Love
それに情感を込めてのCrystal Kay「Kiss」につづき、
昨年、男の子の母となった夏川りみ
赤ん坊を抱く仕草が印象的な「童神〜ヤマトグチ〜」を歌い上げ
小田さんとハグして、小田さんは「キラキラ」を楽しそうに歌い、
初登場のTRICERATOPSの和田 唱が歌う「FEVER」

17-1.JPG 17-2.JPG

そして、いよいよ待ってました~~[ひらめき]
我らがファンモンことFunky Monkey Babys
出演を知ってから、何を歌うのかずっと気になっていたのですが、
歌ったのは小田さん世代を意識してか?お父さんの応援歌でもある「ヒーロー」でした。
とにかく、ファンモンファンとしては、呼んでくれた小田さんにも感謝だけど、
CD音源と譜面を渡された時には、オファーを受けたのを後悔したと言う加藤くんも、
リハーサル中、小田さんやアクアの太志くん達と肩を組みながらのノリノリぶりで、
とても微笑ましく嬉しく思ったわたしです。

19-1.JPG 19-2.JPG

そしてスキマスイッチの「ガラナ」の後には、THE BOOMの宮沢和史
ミヤも矢井田瞳ちゃんと同じで2007年以来の登場で、
あの時と同じ「風になりたい」を歌い、平原綾香の「新世界」へと続き、
すっかりクリ約ファミリーとなったJUJUの「また明日...」
また、ボーカルの根本 要以外にも、このリハーサルでは、
メンバー全員が小田さんの右腕だったのでは?と思えた
Stardust Revueの「木蘭の涙」

21-1.JPG 21-2.JPG

そして同郷のりみちゃんと千春ちゃんを両腕で抱き寄せてから登場した、
MONGOL800のキヨサクが歌う「小さな恋の歌」
それにキマグレンの「あえないウタ」につづき、
メドレー最後は、前回同様にいきものがかりの聖恵ちゃんの登場で、
最早懐かしさを感じるゲゲゲの女房の主題歌「ありがとう」で終わりとなりました・・・

思いはいつか きっと届いてくれるんだね
決して忘れない 交わした言葉を その笑顔を
今日というこの日のことを

ステージ上で繰り広げられる42人のアーティストによるハイタッチ
そして応募総数12万5000人の中から選ばれた3087人の観客の鳴り止まぬ拍手・・・
22’50”の時に見た小田さんの涙こそはなかったけど、
あの時と同じように、みんなの達成感を感じながら感動している様子を見て、
今年もまた、素敵な音楽のクリスマスプレゼントを戴けたことに、
心から感謝したわたしです~[揺れるハート]

23-1.JPG 23-2.JPG

※画像は決して鮮明ではありませんが、雰囲気だけでも感じ取って頂ければと思います。

というわけで、今年もまた・・・
いつも通りにこのクリ約の記事で当ブログの今年を終えようと思います。
この1年、お立寄り下さった皆様、また楽しいコメントを下さった皆様、
どうもありがとうございました!
そして、来年もどうぞよろしくお願いいたします。
それでは皆々様、良いお年をお迎えくださいね~~[ぴかぴか(新しい)]

あしあと(15)  コメント(22)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

クリスマスの約束2010 [K・ODAクリスマスの約束]

クリスマスイブの深夜、TBSTVをご覧の方はいらっしゃいましたか?
わたしにとっては、これがなきゃクリスマスとは言えない!
というほどに楽しみにしている我らが小田和正が贈る恒例音楽番組
[クリスマス]クリスマスの約束 2010[クリスマス]があったのですが・・・

夜に弱いわたしは、いつものように録画を昨夜観ました。
そして、第36回放送文化基金賞「テレビエンターテインメント番組優秀賞」を受賞した[ぴかぴか(新しい)]
昨年ほどには感動の嵐はやって来ずとも・・・
クリスマスの約束2009はこちら
小田さんの生まれ育った横浜の赤レンガ倉庫をライブハウスとして、
落ち着いた雰囲気の中、気の合う仲間たちとのステージもとても素晴らしく、
あっという間の2時間を過ごしたのでした。
というわけで、今年の“クリ約”も記録方々、わたしなりに綴りたいと思います・・・

056.jpg 736.jpg

先ず、最初の曲は出演者全員が横一列に並んでの「Today」から始まりました。
この曲、わたしは何処かで聞いたな~誰の歌だっけ?と、
懐かしく思いながらもなかなか思い出せませんでした。
そして、調べてようやく[ひらめき]あ~そうだったのか・・・と子供の頃、
姉達が聞いていたラジオから流れていた曲の一つだと判ったのです。
原曲は、小田さんと同じ団塊世代の方ならよく歌ったであろう「Green Green」が有名ですね。
60年代に活躍した米のフォークバンド
ザ・ニュー・クリスティー・ミンストレルズの代表曲です。
子供の頃から歌の好きだった小田さんが、
初めてフォークソングに出会い、PPM同様に刺激を受けたバンドなのでしょうね。

そうやって先ずは全員で歌い終わり、その場にはJUJUだけが残り、
MY LITTLE LOVERのヒット曲を彼女がカバーし、スマッシュヒットとなった
「Hello, Again ~昔からある場所~」を歌ったのですが、
歌い終わった時、ホッとしたように胸を撫で下ろす彼女を見て、
「トップバッターは緊張するんだよな」と小田さんがねぎらいながら、
昨年と同じようにハイタッチを交わしていたのが印象的でした。

ところで、今回のホストは小田さんだけではなく、昨年の小委員会のメンバーだった、
スタレビの根本要と、スキマスイッチの大橋卓弥の3名とのことでした。
それで次は、その大橋くんの番となり、
アーティストを目指ていた頃、よく聞いていたという、
わたしも好きなスピッツの「空も飛べるはず」が始まったのですが、
せっかく、アレンジを変えて題名もわざと言わずに歌い始めたのに、
ギターの弦が切れてしまい、ガッカリしながら仕切り直しをする様子を見て、
TVのこちらにいても、ライブの臨場感を感じることでき楽しかったです~[るんるん]

そして次は、小田さんの同級生ですね~山本潤子さん、
わたしの知るところ、まだお互いに学生だった頃、
ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテストで出会って以来のお二人ですが、
今だに「小田くん、潤ちゃん」と呼び合うのを見て、友達っていいなぁ~なんて思いながら、
ユーミンが作った「冷たい雨」を潤子さんと一緒に歌い・・・
続いての「ラブ・ストーリーは突然に」が終わった時、
小田さんがポツリと言った「終わってくね」に要さんと同じように寂しさを感じていたら、
当のご本人はその後「ホッとしてる」なんて~!
何とも小田さんらしい言葉を聞かせていただいたのでした~[わーい(嬉しい顔)]

その後、コーラスの素晴らしさをこれで知ったという要さんが選んだ
ガロの「美しすぎて」をホスト3人が素敵なコーラスで歌いあげ、
久々にステージに登場したKiroroの玉城千春の番となりました。
喉を痛めて歌うことが怖かったと、その当時の心情を話す千春ちゃんでしたが、
昨年のこの番組をTVで見て「自分もあそこにいたい!」という思いが溢れ出て、
今回参加できたことに、緊張しながらも幸せを感じてるようで、
そんな彼女を見ながら、わたしまで良かったな~[揺れるハート]と思いながら、
女性陣のコーラスが珠玉だった「未来へ~長い間」を聞いたのでした。

それから、昨年はギターで参加したご主人は今回は不参加で、
奥様の松たか子だけの登場でしたが、PPMの大ヒット曲を今は亡き忌野清志郎が訳詞した
「500マイル」を小田さんのギターと潤子さんのコーラスで歌いました。
「見た目と違い、ナイーブなやつでいい詞を書いてる」と小田さんも
昨年亡くなった清志郎さんを偲んでいるようでした・・・
そして続いて、スタレビ25周年コンサートの折に、
小田さんと要さんの2人で作ったという「思い出はうたになった」
何でもその時、この歌を歌い終わったと同時に15000人の観衆の前で、
大泣きした要さんだそうですが、
確かに小田さん作の歌詞は、歌い手にとっては琴線に触れそうでしたね~[もうやだ~(悲しい顔)]

さて、そうやってお待ちかね!ようやく清水翔太の出番となり、
今まで以上に耳をダンボにするわたし~~[耳]
でね、嬉しい事に「翔太は僕らのマスコット」だなんて小田さんが言っちゃってくれて~[揺れるハート]
ましてや大橋くんの「小田さんは翔太には甘い」との言葉もあり!
思わず、「遅くなったけど、お礼方々ナンかお歳暮を送っとこうかしら~[あせあせ(飛び散る汗)]
なんて思った翔太ファンのオバサンです~[わーい(嬉しい顔)]
で、この蒼々たるメンバーにコーラスしてもらい「光栄です」と言いながら
「君が好き」を気持ち良く歌った翔太くんでありました~~[るんるん]

そして、そろそろ帰り時間の心配をしながら、難解の曲だとみんなで言いつつ、
スキマスイッチの「惑星タイマー」を歌い・・・
何だか恰幅が良くなりましたね!?MONGOL 800のキヨサクくんの登場で、
数年前のクリ約で小田さんが歌った時にはオッタマゲタ[目]「小さな恋のうた」
オリジナルに負けないアレンジをしたと話してましたが、
確かに数年前に聞いた時とも違う、小田さん風のアレンジになってました~[手(チョキ)]

こうやって、出演者それぞれの歌も終わり、
少しだけ歌の説明をして、最後にもう一度「Today」を全員で歌ったのでした。

数えきれないくらいの明日がやってきて
今この時の歓びを忘れていってしまうにちがいない
だからこそ、昨日の栄光や明日への約束ではなく
今日という今を生きる
今こそが自分の歴史が作られている瞬間だ・・・

1.jpg

そして、アンコールとなり、小田さんの歌で自分の故郷横浜を歌った
「my home town」で幕となった2010年のクリスマスの約束でした・・・

今年で10回目となったクリ約ですが、最初から観ているわたしとしては、
昨年の盛り上がりがあまりにも大きく、小田さんも達成感を得てしまい、
今年はもしかして無いのでは?と心配しておりました。
でも今年は、小田さんの地元横浜で親しい音楽仲間たちと
プライベートライブを楽しむというコンセプトのもとに開かれたそうで、
アットホームな雰囲気でこれはこれで良かったな~と、
どんな風であれ、今年もまた音楽の素晴らしさと可能性を感じさせていただき、
幸せな2時間のクリスマスプレゼントとなりました・・・[プレゼント]


というわけで・・・
昨年同様にクリ約のこの記事を最後に当ブログも今年を終えようと思います。
この1年、お立寄り下さった皆様、また楽しいコメントを下さった皆様、
どうもありがとうございました!
そして、来年もどうぞよろしくお願いいたします。
それでは皆々様、良いお年をお迎えくださいね~~[ぴかぴか(新しい)]

あしあと(19)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

感動した!「クリスマスの約束2009」 [K・ODAクリスマスの約束]

ご覧になりました?
25日の深夜、TBSTV[クリスマス]クリスマスの約束2009[クリスマス]を!
あっ、ご覧になれなかった方、残念なことをしましたね~~[ふらふら][あせあせ(飛び散る汗)]
今回のこの番組は見なきゃ損!絶対に損!!
あなたの人生においての大いなる損失だ~~!!!
って大きな声で言えるほどに素敵な番組でしたのに~~[ぴかぴか(新しい)]

というわけで、この番組を見てエラク感動したわたしとしては、
大きなお世話かもしれませんが・・・
録画もせず、眠気に負けて寝入ったしまった方や、残念がら録画を忘れた方、
そして、見たくても観られる環境になかった方(ソウルじゃ無理ですもんね~)のために、
ここでチョットお話させていただきますね。

年末のクリスマス特番として今回で9回目となります小田和正クリスマスの約束
この番組についての詳細は、2007年度分から記事にしてありますので、
ポチして参考にしていただければと思います。
クリスマスの約束2007 [クリスマス] クリスマスの約束2008

では早速に・・・いつも通りに斎藤由紀ちゃんのナレーションで、
これもまたいつもと同じ綺麗な照明の中、
小田さんのピアノの弾き語りで「風のように」から始まりました。

そして今回のテーマとして小田さんが考えたのは、
2001年に初めてこの番組を作ろうとした時と同じ、
今大切なことは、同じ時代に音楽を作ってきた者同士
認め合い尊敬することではないだろうか
ということだったのです。そして、
大勢のアーティストが一堂に会して、それぞれの代表曲を全員で支えあい歌い繋ぎたい・・・

そんな壮大な考えを持ち、一緒に歌ってくれないかと、
小田さんがたくさんのアーティストに手紙を出したのは真夏の8月のことでした。
そして、その手紙に賛同し参加が決まったのは、総勢21組34名のアーティスト達です。

ただそれを実行するには小田さん一人では無理ということで、小委員会なるものを作ったそうで、
先ずはそのメンバーとなったスタレビの根本要、スキマスイッチの大橋卓弥
それにいきものがかりの紅一点、聖恵ちゃんの登場となり、
その4人で「きよしこの夜」をアカペラで歌ったのですが、もうわたしはコレでダメ!
素晴らしいハモリに最初の感動の嵐がやってきて~~[揺れるハート]
その後の「クリスマス・イブ」でも小田さんらしいアレンジに、
達郎のオリジナルとはまた違う素晴らしさを感じたのでした・・・

056.jpg 736.jpg

そんな仲間との話し合いの毎日だったようですが、個性の強いアーティストの集まりです。
実際に決まるまでには挫折しそうにもなり、参加するアーティストの中にも
「そんなのは無理だろう・・・」との意見もあったようです。

番組ではその辺りの様子もビデオに収められており、
なかなか容易に事が進まなかった様子が手に取るようにわかりました。
でも、歌詞が書かれた用紙の余白が無くなるほどに、それぞれがメモをビッシリ書き込みながら、
2ヶ月に及ぶ練習を重ねるうち、みんなの気持ちにも変化が表れ、本番を目の前にした時には・・・

当初はそんなバカげたことは出来ないだろうと思っていたという、いきものがかりの水野くんは
歌うことを生業とする人達の声の塊を聞いてほしい
と言い、またスキマスイッチの大橋くんは、
普通に考えたらとてつもなく長い時間だろうが、このメンバーなら凄くいい奇跡が起きるような感じ
と・・・そして小田さんとの付き合いも長いマーチンこと鈴木雅之は、
最初は無謀と思いながら、30分近いメロディを心一つにして歌う瞬間が、
今年の音楽の神様がくれたプレぜトンかなと思う
と言うのでした・・・

そして、8万通の応募の中から選ばれた3000名の観客の前で、
タイトルはそのものズバリ!22’50”[るんるん]が始まったのです・・・

オープニングは全員で「この日のこと」
そして、藤井フミヤが「TRUR LOVE」を歌いだす頃には観客が立ち出して、
すでに涙を浮かべる人も・・・[もうやだ~(悲しい顔)]
つづいて、STARDUST REVUEで「今夜だけきっと」広瀬香美「ロマンスの神様」
JUJU
「明日がくるなら」
そして昨年につづき夫婦揃っての出演で、
ご主人の佐橋佳幸のギターで歌う松たか子「明日、春が来たら」
そんな歌い終わったたか子ちゃんとギュっとハグを交わした中村 中は「友達の詩」を、
で、こちらとは残念ながらハグはなく、佐藤竹善「La La La」、Crystal Kay「恋におちたら」、
そして今回のムードメーカーだったというAIが目をキラキラさせながら「Story」を歌い、
鈴木雅之の「夢で逢えたら」、わたしも大好きな一青 窈の「ハナミズキ」とつづき、
小田さんとはデビュー前からの知り合いの山本潤子さんが歌う、
今では音楽の教科書にも載ってますね。
合唱曲としても有名な「翼をください」をみんな学生時代に戻ったように歌い、
つい最近までその学生だった最年少の清水翔太がわたしの大好きな「HOME」を~~[揺れるハート]
小田さん、翔太くんを呼んでくれてありがとう~~と、
彼を応援するオバサンは心の中で感謝し、
親子以上、42歳の年の差のある小田さんの「yes-yes-yes」へとつなぎ、
いつも陽気な2人組、キマグレンが歌う「LIFE」、Aqua Timezの「虹」、
スキマスイッチの「全力少年」、
そして平原綾香が「Jupiter」を歌いあげ、
雰囲気はガラっと変わり、夏川りみの「涙そうそう」とつづき、
自分の加齢臭が気になると笑わせた財津和夫が懐かしい「青春の影」を、
そして最後にいきものがかりの聖恵ちゃんが「帰りたくなったよ」を熱唱して終わったのでした・・・

この間、アーティストたちはハイタッチをし、何とも気持ち良さそうに歌いつなぎ、
聞いてるこちらも同じように気持ち良く、終わった時には思わずTVに向かって拍手して・・・と、
TVの前でもこうなのですから、実際に会場で聞かれた観客の拍手が鳴り止まないのも当たり前!
ましてや、小田さんの目には涙で~それを見たアーティストたちもまた涙と、
こちらまで同じように涙しながら「良かったね~小田さん!長年の夢が叶って!!」と、
感動しっぱなしのわたしだったのです。

そんな鳴り止まぬ拍手に一生の中で1番長い拍手だろうと言いながら、感謝の言葉をのべ、
最後にみんなでもう1曲、「たしかなこと」を斉唱し、

いちばん大切なことは 特別なことではなく
ありふれた日々の中で 君を 今の気持ちのままで 見つめていること
忘れないで どんな時も きっとそばにいるから

と涙を溜めながら歌うみんなが言葉を残してくれました。

oda_news.jpg

このような大興奮の中、舞台裏に下がったアーティスト達はそれぞれに・・・
藤井フミヤはこの場にいられて良かったと興奮気味に、
また、スキマスイッチの大橋くんも目に涙の跡を残しながら、
歌っていうものがこんなにパワーがあるなんて、今まで知りませんでした。
小田さんが言いたかったのはこれだったのかも・・・と言い、
JUJUは歌やってて良かったって、人生で一番思った日かもしれないと、
しみじみ語っていたのが印象的でした。

その後、小田さんがみんなに送ったお礼の手紙には、
僕が望むアーティストみんなで作った「クリスマスの約束2009」
すごい22分50秒でした・・・やって良かった・・・と、ありました。

アーティストの皆さん、イイものを見せて、そして聞かせてくれてどうもありがとう~[ぴかぴか(新しい)]
そして小田さん、長年の夢が叶って良かったね!
と、いまだに興奮冷めやらず、すでに3度も録画を見なおしたわたしです・・・

あしあと(9)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | - K・ODAクリスマスの約束 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。