So-net無料ブログ作成
検索選択
ミュージック ブログトップ
前の5件 | -

小田和正コンサート2014♪ [ミュージック]

あれから3年が経ちました。
ちなみにあれって、コレで・・・

あの時はまだ母の本格的な介護も始まっておらず、姉と二人呑気に出掛けたのだけど~[るんるん]
今回はそんな悠長な場合ではなく、ワタクシ一人で出掛けることになりました・・・

KAZUMASA ODA TOUR 2014
本日♪小田日和

top_odabiyori_c.jpg

ということで昨夜、もうすぐ67歳となる小田さんに逢うべく、
早めに店仕舞いして6時前には出掛けるつもりでいたところ、
お昼過ぎに届いたお得意様の「今日の6時頃に伺います云々」とのメールにより、
どう足掻こうともそれは不可能となってしまい~[ふらふら]
ずっと楽しみにしてたもので一瞬迷いそうにはなったけれど、
わざわざ遠くからお越し下さるお客様と天秤に掛けるなんて以ての外!と、
ショーバイ優先に徹して、遅れて会場入りをすることにしたのでした。

そして6時少し過ぎてお見えになったお客様の初秋のコーディネートを整え終え、
お店を片付けることもなく飛び出したのが6時半の開演時間を過ぎた頃で、
会場である神戸ワールド記念ホールの前まで来た時にはすでに45分ほど経過した模様!?
でね、一人横断歩道を渡ってると警備のオッチャンに、
「ゆっくりですねェ今からですか~」なんて言われるし・・・
アリーナなんて初めてで入口が解らず「どっから入るんやろ??」って右往左往していたら、
先ほどのオッチャンがすかさず黒いスーツ姿のスタッフを見付け大声で、
「どっから入るんか聞いてはるで!」と言ってくれ、ようやく入口まで辿り着いたのでした。

ああ~でも、ここからがまだ遠かった!!
先ずドアの中に入り、何の歌だったかは忘れたけど、
その歌が終わるまで動くのは待ってくれと言われ、
終わり次第に若い女性スタッフの誘導で数メートル移動すると、
じきに次の歌が始まりまたその場で待機となったのでした。
そしてその後、小田さんの舞台の特徴でもある花道をくぐり抜け、
複雑な配置の座席の中を腰を屈めながら進んだところ、
わたしの列の前まで来ても席が奥になるからと、またしても屈んだままでの待機となり、
そこで誘導嬢に「これ、メチャ大変やね~でももう大丈夫やから!ありがとう」とお礼を言い、
足が痺れて歩けなくなったらどうしよう~なんて心配しつつ、
どうにか自分の席に無事に座れたのは15分以上は経ってたように思います~[あせあせ(飛び散る汗)]

そうやって、ようやく落ち着いて、今、自分が置かれている場所をよくよく見れば・・・
何と!前から3列目でバックメンバーのお顔もシッカリと見えるではないですか!
ましてやピアノ弾き語りをする小田さんは目の前というスペシャルシートで~~[ぴかぴか(新しい)]
お陰でシワが増えたのはよく解るけど、変わらぬ歌声に聞き入ったのでありました~[揺れるハート]
わたしの今年のくじ運はこれで使い果たしたかも!?

そんな訳で、恒例のご当地紀行からはゆっくり観ることができ、
ジジババに大人気の明石公園や新長田の鉄人28号など見慣れた景色を楽しみ、
チケットが売れずにキャンセルとなった芦屋ルナ・ホールの件では、
昔、三宮の電柱に、今でも見掛けるプロレス興行の告知のように貼られた、
2人のオフコースのモノクロポスターを懐かしく思い出しておりました・・・
そして3回のアンコールを終えるまで、ノリノリで心地良い汗を掻き、
2時間ほどでしたが、久しぶりに心の底から楽しんだわたしです~[ハートたち(複数ハート)]

あ~それにしても・・・
小田さんのホールツアーでの遅刻は禁物と、肝に銘じておこう!!
あしあと(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

初めてのファンモンライブ♪※ネタばれあり [ミュージック]

行ってきました~[るんるん]
見てきました~~[るんるん][るんるん]
トシも忘れてハジケテきました~~[るんるん][るんるん][るんるん]
FUNKY MONKEY BABYS
笑って歌ってもりあがァリ~ナ
行くぞ日本!!

1.JPG

今月11日と12日にあった神戸ワールド記念ホールでのファンモンライブ
12日に生まれて初めて、体験してきました~~[手(チョキ)]
とにかく、わたしの周りではこのライブに行くと言うと、
みんなに「若いね~~」と半ば呆れ顔で言われましたが、
以前から、彼らの歌が大好きなわたしとしては、
1度でいいから観てみたかったのです!
それでこの度、姪がお伴を買って出てくれ、ようやく実現したのでした~[ぴかぴか(新しい)]

2.JPG

そんな訳で、EXILEやK-POPのライブにはよく出掛ける姪も、
ファンモンは初めてで、2人してどんなライブなのかと興味津々で、
先ずはグッズ売り場からのぞいたのですが、
姪は見るなり「ファンモンのグッズ可愛い~~[揺れるハート]」を連呼しておりました。
そして会場に入り、自分達の席の良さにビックリ!
というのも、スタンド席ではありますが、舞台に1番近い席でスピーカーが真前に!
こりゃせっかく持ってきたオペラグラスも要らないと、大いに喜んだのですが、
もしかして、前回の小田さんの時といい、このホールとは相性がいいのかも!?

そして開演時間となり、舞台袖から上下真っ白の体操服を着た男性2人が登場して、
何も知らないわたしは、一瞬、若手のお笑い芸人が前座に出て来たのかと思ってましたら、
ナント!彼らは企画担当者とマネージャーだと言うじゃないですか~~[目]
でね、ライブ前に観客と共に予備運動をすると言うんですよね。
何でも、ファンモンのライブは体力を使うからって!
それで我々も、ライブ前から席を立ち彼らの教え通りに体を動かしたのでした~~[手(グー)]

そうやって、準備万端!ようやくライブの始まりで・・・
先ず登場したのが宙に浮いたDJケミカル君、
ピーターパンの衣装を身にまとい、とても三十路間近とは思えないあどけなさ!?
まあ、自分自身、その姿を鏡に映し、情けなさは感じたようですが~[わーい(嬉しい顔)]
そして無事に着陸し、何やらゴソゴソしてると思ったら・・・
バキュ~~ンと白い煙と大爆音がして~[爆弾]
もう!オッタマゲタのナンのって~~[がく~(落胆した顔)]

一瞬、事故でも起ったのかと心配しながら舞台を見てましたら、
ティンカーベルらしき爆発ヘアの人形を持ったケミカルくんの
「いつでも子供の心を忘れないFUNKY MONKEY BABYS」
との言葉を合図にファンキー加藤くんとモン吉くんも登場して、
いよいよライブが始まったのでした~~[ぴかぴか(新しい)]

とにかく、ファンの皆さんは、歌う前から総立ち状態で、
1曲めのアワービートから大盛り上がりで、
誰一人として座ろうとしないじゃないですか!
でもって、それにつられるように
我々も立ったまま3曲目の愛の歌まで突っ走ったのですが、
4曲目の希望の唄あたりから、
多少はスピードダウンしたのをいいことに、
わたしはコソッと一人座り、
内心端っこの席で良かったとつくづく思っていたのでした~[あせあせ(飛び散る汗)]

そしてメロディーラインでのグリーンのライティングの美しさに見惚れたり、
悲しみなんて笑い飛ばせでの
ドーム中での黄色いタオルの振り回しに圧倒されながら、
自分もあの黄色のタオルを買えば良かったと悔やみつつ・・・
座りながらも手は動かし皆さんの仲間に入ってましたが、
彼らの歌が1番好きな理由である歌詞の良さを今更ながらに感じ、
体力を溜めては再び立ち上がり、
昨年初登場したクリ約でも歌われたラストのヒーローまで、
約3時間近くを大いに楽しんだのでありました~~[るんるん][るんるん]

3.JPG

それにしても、今回初めて観て感動したのは、
ステージ上の3人の体力の限りを出しきってのパフォーマンスは元より、
ステージ左右に設けられたスクリーンに映るファンの笑顔でした。
中には、見るからに後期高齢者と見えるお婆ちゃまやお爺ちゃままでいらして、
意外なほどのファン層の広さに驚きながら、
そんな誰もが皆、心底この時を楽しんでいるのが手に取るようにわかり・・・
こんなにファンを素敵な笑顔にする彼らを益々好きになりました~[揺れるハート]

あ~それにしても、ホール内の熱気の凄まじい事!
28度位の温度設定かと思うほどに暑く、終了間際にはビールが恋しくなり、
帰りは迷うことなく、三宮の居酒屋へ向かったのでした~~[ビール]

あしあと(14)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

小田和正コンサート2011♪ [ミュージック]

来月20日には64歳とおなりのK・ODAこと小田和正
そんな小田さんのツアーチケットを同じく小田ファンである姉が手配してくれ、
久々に小田さんに会えるのに咳なんてナンのその[パンチ]
ポートアイランドにある神戸ワールド記念ホールへと出掛けました~[ダッシュ(走り出すさま)]

KAZUMASA ODA TOUR 2011
“どーも どーも”
その日が来るまで

1.JPG

ポートライナー三宮駅の券売機前からすでに大変な人込みでしたが、
開演30分前を過ぎたということもあり、
市民広場駅からホールまでゾロゾロと沢山の人に交じって歩きました。
そして、自分達の席について思わず・・・
「お姉ちゃんありがとう~~[揺れるハート]
残念ながらアリーナではなかったけど、遠くまで見渡せるスタンド席で、
前から2列目というナイスポジション~~[手(チョキ)]
ましてや、小田さんのツアーではお馴染の客席内に設置される花道が目の前で、
ちゃんとマイクスタンドまで用意されてるではないですか~~[目]
いやぁ~ここならオペラグラスも要らないと2人して喜んだのでした。
とにかく前回のTOUR 2008では、
無残にもチケット奪取に惨敗して涙を呑んだのですから・・・

そして開演時間より少し遅れて、
いつものように全身白っぽい装いの小田さんやメンバーが登場し、
オープニングの「明日きっとまたここで~♪」とそうかなから始まり、
それが終わりに近付いた頃には天井からミラーボールが下りて来て・・・
2曲目にして会場は大盛り上がりのラブストーリーは突然にとなったのでした~[ぴかぴか(新しい)]

その後、新旧取り混ぜて7曲歌い終え、前日に行った甲子園での話から、
以前、横浜創学館の校長に頼まれて作ったという校歌の話へと続き、
観客の一人の「今歌って~」とのリクエストに1番だけでしたが披露してくれ、
拍手喝采となったのでした。
ちなみに、この校歌というか愛唱歌は横浜創学館のHPで聴けますので宜しければどうぞ!
http://www.so-gakukan.ed.jp/contents/rinen/index.html
それにしても、校歌では珍しい混声四部合唱で、
なかなか思うようには歌ってもらえないとこぼしてましたが・・・
あんな難しい歌じゃ当たり前!と思ったのはわたしだけではないはず!?

その後若葉のひと、懐かしい夏の終りへとつづき
30年来のファンとしては涙モノの古い曲のメドレーの時には、
今とはちょっと違う尖がった時代の小田さんの写真が映し出され、
小学生時代からの朋友ヤスさんは勿論、他のメンバーの今が気になったわたしです。
そうやって、12曲目のピアノの弾き語りで風の坂道がおわり、
定番の「ご当地紀行」へとつづき・・・

汗をかきながら須磨海岸や須磨浦山上遊園、
それに淡路島のワールドパークONOKOROなどでの様子が紹介され、
自分が見慣れた場所にいる小田さんに親近感を抱きながら、
ONOKOROの世界の建物が25分の1サイズになったミニチュアワールドでの
「ここはイイ!見応えがあるおススメです。」と同時に
「誰がこんなのを作ろうって言ったんだろ?」との言葉を聞き、
以前より同じ様に思っていたわたしはチョッと嬉しかったです~[わーい(嬉しい顔)]

そしてメンバー全員、Tシャツに着替え再登場して残り半分となり、
最後の25曲目は、先日、天皇皇后両陛下もご覧になった
映画「ロック~わんこの島」の主題歌hello helloでしたが、
それでスンナリ終わるはずもなく・・・

だってね、ホントはこのコンサートは4月1日にあるはずだったんですよね。
それが東北大震災で延期となり、ようやく昨夜観られたもので、
観客も1度や2度のアンコールでは済まないと読んでましたね。
おかげで約3時間半近く、大いに楽しんだわたし達でした~~[るんるん]

2.JPG

それにしても、TOUR 2005以来、久々に見たコンサートで感動も多く、
小田さんの変わらぬ声は勿論ですが、あの体力というか花道を走り回る走力!
到底64歳とは思えぬ脚力で、日頃からのジム通いでの鍛錬が頷けます。
そして、何よりも感動したのが、
その曲目によって、随時イメージが変わるライティングの美しさでした。
特に若葉のひとの時、
暗闇の中小田さん一人に黄色と紫のスポットが当たるのを見て、
思い掛けない配色の妙に意外性も感じながら、
思わず「きれい~[ぴかぴか(新しい)]」と声に出たほどで・・・
今までも、TBSTVの「クリスマスの約束」でその美しさは重々知っていましたが、
実際にこの目で見て、
次々に変わるライティングに見惚れながら小田さんの生歌を聴くという、
わたしにとっては至福の時を過ごせたことが1番の喜びだったようです~[揺れるハート]

あっ、そういえばコンサート中、1回も咳込まなかったし・・・
これで鬱陶しい咳ともオサラバか~~[わーい(嬉しい顔)]

あしあと(14)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

清水翔太イッコめの1等賞☆ [ミュージック]

srcl6731.jpg
先日、こちらでご紹介しました清水翔太くんが、
なんと、2月20日HOMEでのデビュー以来、
彼にとっては、記念のイッコめとなる1等賞を獲得しました![ぴかぴか(新しい)]
エッ、この間デビューしたのに何の1位??と、思われるでしょ!?
じつは、今年から設けられた「第1回レコ直♪新人杯」での1位です~[るんるん]
で、「何それ?」と、ご存知でない方に説明しますと、
レコード会社54社が加盟する国内最大級の音楽配信サイトである「レコ直」が、
有望な新人がでやすいこの時期に合わせて期間限定で設けた賞との事です。
それで、20組の新人が参加し、
2月27日から3月5日までの間に
最もダウンロードが多かった新人に贈られたのです。
ちなみに2位には、話題の黒人演歌歌手ジェロの歌う「海雪」
そして、3位はCHERRY BLOSSOMの「春色LOVER SONG」でした。
まあ、なかなか幸先のイイ出だしで
これって、きっと・・・
年末の新人賞レースにも関係してくるのでしょうね~[手(チョキ)]
ガンバレ[exclamation]翔太[exclamation×2]

タグ:レコ直
あしあと(1)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

清水翔太「HOME」 [ミュージック]

本日、2月27日は清水翔太くんの19回目のお誕生日です。
そういうわけで・・・
翔太くん、お誕生日おめでとう~~!![ぴかぴか(新しい)]
えっ、清水翔太知らない?
じゃあ、HOMEも知らない??
もちろん、若い方はよくご存知だと思うけど・・・
我々オバサン世代は、まだ知らない方が大半かも・・・
でもね、みなさん覚えてほしい!知ってほしい!!
清水翔太、本日やっと19歳になった大阪出身、
平成生まれのシンガーソングライターです。
この2月20日にHOMEメジャーデビューしましたが、
このHOMEがメチャクチャいい!
あっ、3月3日付オリコンチャート初登場5位とのこと!
srcl6731.jpg
わたしがこの曲を初めて聴いたのはいつだったか、ハッキリとは覚えていません[あせあせ(飛び散る汗)]
ただ、今年に入りFM802を聴いてると、
よく流れてくる少し儚げな歌声が気になり出し・・・
♪い~まさらかえれないよ~♪のサビの部分にグッときて[ぴかぴか(新しい)]
歌詞をジックリ聞くようになり・・・
故郷を後にした若者のいろんな思いが詰まった歌だと気付いたのです。
なんでも、実体験に基づいた
自分を支えてくれる大切な人や場所(HOME)について歌っているそうで・・・
[るんるん]これまでを振り返れば、浮かぶ笑顔や涙
こんなに震えるほど映し出す
それが僕自身の未来へ繋がると
信じてる 僕だけのHOME信じてるいるから[るんるん]
うぅ~ん、オバサン何やら涙がでそう・・・[たらーっ(汗)]
それに、デビュー前にNYのアポロシアターでも拍手喝さいをあびたという歌唱力、
ソウルフルな歌声でとにかく上手いです[exclamation]
業界関係者からも、ソウルシンガーとしてはもとより、
作詞作曲、アレンジャーとしても期待されているそうです。
きっと、今年は清水翔太にとって、名前の如く飛翔の年となるのでしょう。
わたしも彼のこれからを大いに楽しみにしたいと思ってます・・・
まだ1度もこの歌を聴いたことのない方はぜひ、こちら
そして、詳しい歌詞をお知りになりたい方はこちら
それと翔太くんのオフィシャルサイトはここで~す!

あしあと(2)  コメント(9)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | - ミュージック ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。