So-net無料ブログ作成
検索選択

師走は駆ける=3=3 [舞台]

11月の終わりには姉妹揃ってのお食事会を楽しめたのですが、
月が変わり12月に入るとすぐに、何やら母の容態がおかしくなり・・・
日が経つにつれ、今まで出来てたことが急に出来なくなり、
これまで以上にわたし達の手が必要となりました。
そしてそうなると、年齢が年齢だけに事態は悪化の一筋で、
お休みが続く年末年始の間だけでも入院してはどうかと、
主治医から提案があったのです。

それで数日間、日頃親しくさせていただいているケアマネは勿論、
いろんな方に相談し、入院を覚悟しつつ主治医の前に座ったところ・・・
どうやら最悪の事態は逃れられそうな気配なので、
たとえ一週間でも入院と共に寝た切りとなるよりは、
本人も自宅の方がいいに決まってるのだから、
点滴だけの通院にしましょうか?と、
意外なことを言ってくださったのでした・・・

そんなこんなで、
今年の師走はクリスマスにも気付かぬほどに駆け足で過ぎる中、
気分転換の上手さには自信があるわたし達!?
悶々と重苦しい気分を一時だけでも除け払うべく、
以前からの予定通りに姉は温泉に出掛け、
わたしは観劇に出掛けたのでした~[るんるん]

紫式部ダイアリー
m01.jpg

三谷幸喜作・演出で、長澤まさみ斉藤由貴出演の二人芝居でしたが、
三谷作品らしく面白おかしく描かれ、
わたしの気分転換にはモッテコイのようでした~[手(チョキ)]

そんなお芝居は、白くて長いカウンターのあるホテルのバーが舞台で、
紫式部と清少納言という当代きっての女流作家ふたりが
作家としては勿論、一人の女としても人生を掛けたバトルを繰り広げるのですが、
何故か?時代が平安時代ではなく現代で、
優雅なドレス姿の二人がお酒を飲みながらという設定が面白かったです。

それと二人とも、舞台を観るのは初めてでしたが芸達者な二人で、
スタイル抜群の長澤まさみが素敵なのは勿論!
若手の台頭に恐れをなす清少納言を演じた斉藤由貴のコメディエンヌぶりが見事で~[ぴかぴか(新しい)]
若い頃とは違う魅力を手に入れたように思いました。

あ~それにしても、1時間45分ほど、淀みなくセリフが出るのには感心するのみ!
今更ながらに舞台俳優の偉大さを感じずにはおれませんでした・・・

さて、いつもなら、年末最後の記事はTV「クリスマスの約束」となるのですが、
今年も昨夜あったようで録画はしています。
つい先ほど、姪から感動した~とのメールが届き観るのを楽しみにしてるのですが、
いかにせん、今の状態ではいつ観られるか判りません。
なので、この記事を今年最後の記事とさせていただきますね。

どうぞ~皆々さま、良いお年をお迎えくださいませ!
そして来年もよろしくお願い致します~~[揺れるハート]

あしあと(10) 
共通テーマ:演劇

あしあと 10

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。