So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「マダム・マロリーと魔法のスパイス」 [洋画]

とっても楽しい映画を観て来ました。
何てったって、スティーブン・スピルバーグ製作のディズニー映画ですから~[るんるん]

マダム・マロリーと魔法のスパイス
1.jpg

これはリチャード・C・モレイスという方のベストセラー小説をもとに
「ショコラ」で名を知るラッセ・ハルストレムが監督しています。
ただ、お名前は知ってるけど映画は観ておらず、
原作者共々、わたしはよくは存じません~[ふらふら]

物語はインドのムンバイでレストランを経営していたカダム一家が、
選挙絡みの暴動によって店を全焼してしまい、
料理人でもあった母をも亡くして失意の中、
残る家族全員で、ヨーロッパに移住するところから始まります。
そして先ずロンドンに居を構えるのですが馴染めず・・・
次に大陸に渡ることになり、フランスの田舎町に辿りつき1軒の売家を見付け、
フランスではインド料理は無理だと反対する子供達を押し切って、
ミシュラン1つ星の高級フレンチレストランの真向かいで開業することになるのでした。
そうやって、頑固な父と高慢なフレンチレストランのマダムとのバトル合戦が始まり、
次々と揉め事が続く中、
次男坊のハッサンが絶対味覚の持ち主であることをマダムが知り・・・

2.jpg

この映画の出演者の中でわたしが知っていたのは、
頑なに夫が残したレストランを守るマダムを演じたヘレン・ミレンだけでしたが、
彼女の堂々としたお鼻に負けず劣らずの立派なお鼻の持ち主で、
カダム家の頑固な父親を演じたオム・プリも存在感抜群で見応えがありました。
きっと、インドの映画界では有名なベテラン俳優なんでしょうね。
それと母を受け継ぎ絶対味覚の持ち主となったハッサンを演じたマニシュ・ダヤル
初めは少年ぽさが抜けずにいたのが、自分の道を見付けてからはグッと男っぽくなり、
最初は別人かと思って見てました~[わーい(嬉しい顔)]
いやぁ~当たり前ではありますが、インドにも素敵な俳優がいるんですね。
また、レストランの副料理長でハッサンの心を射止めるマルグリットを演じた
シャルロット・ルボンも黒髪に大きな瞳がチャーミングでとても可愛かったです。

3.jpg

このような欧州とインドという異文化の共存共栄の物語で思い出したのが、
数年前に見た「ベッカムに恋して」です。
あれはサッカー選手を夢見るインド人の少女が主役でしたが、
あの頃から比べると、イギリスとフランスという国の違いはあるけれど、
随分、民族間の垣根が低くなったように思いました。
なんてったって~あれだけいがみ合ってた父とマダムが、
最後は恋人に近い間柄になるんですもの~~[揺れるハート]

あしあと(7)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

あしあと 7

コメント 6

たいちさん

スティーブン・スピルバーグや ヘレン・ミレンの名を見ると、面白くない訳ないですよね。インドの女優は美人が多いそうですよ。食生活が影響しているのかもね。
by たいちさん (2014-11-20 21:27) 

collet

★makimakiさんお立寄りありがとうございます!

★ソニックマイヅルさんもありがとうございます!
by collet (2014-11-21 16:29) 

collet

★たいちさんへ
この頃は鬱陶しい映画を見る気になれず、
こんな楽しい映画ばかりを見ています。
ところで、インドの女優は美人揃いですか~~(';')
ふ~む、お隣のように作り物ばかりではなくね!?
by collet (2014-11-21 16:32) 

collet

★ネオ・アッキーさんお立寄りありがとうございます!

★wattanaさんもありがとうございます~^^;
by collet (2014-11-21 16:33) 

よしあき・ギャラリー

素敵な映画を見つけるのが上手ですね。
何時もながらcolletさんの筋書きをまとめる力に敬服です。
こちらの記事だけで楽しんだ気分です。^^v
by よしあき・ギャラリー (2014-11-22 05:50) 

collet

★よしあきさんへ
映画というよりも映画館が子供の頃から大好きなもので、
何か好みのものはないかとアンテナを張ってます~(*^^)v
とにかく今は、楽しくて心温まるのを!!
それから筋書きは、忘れないように自分のためなんですよ~(^^ゞ
by collet (2014-11-22 17:50) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。