So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「アルバート氏の人生」 [洋画]

NHKBSでのドラマダメージ」では敏腕弁護士としてお馴染みのグレン・クローズ
その彼女が1982年に舞台で演じ、その時に・・・
「死ぬ前に、大きなスクリーンでこの役を演じなきゃいけないの!」との強い思いを抱き、
それから30年をかけ、プロデューサー、共同脚本家、主演女優として、
ようやく夢を実現した映画を観て来ました。

アルバート氏の人生
1.jpg

そんな彼女の熱い思いに賛同したのはロドリコ・ガルシア監督で、
わたしは残念ながら未見ですが、
「美しい人」や「愛する人」など女性を描いた作品に定評があるそうですね。

物語の舞台は19世紀後半のアイルランドの首都ダブリンです。
そこにあるモリソンズホテルでベテランウェイターとして働くアルバートは、
人付き合いを避けひっそりと暮らしながら、
誰にも言えない秘密を40年間も隠し持っていたのです。
それがホテルの女主人に頼まれ、改装工事にやって来たペンキ塗りのヒューバートに、
一晩だけベッドを貸したことから、その秘密を知られてしまうのでした。
じつは、アルバートは14歳の時から、孤独で貧しい生活から逃れるため、
職を得られる男になりすましウェイターとなって、
長年こつこつとお金を貯めていたのです。
そして、そんなアルバートの秘密を知ったヒューバートも自分と同じ境遇だと知り、
急に仲良くなり、自分らしく生きるヒューバートの生き方に影響をうけ、
自分もと描いていた夢を実現しようとするのですが・・・

このように、当時のアイルランドはいろんな原因が重なり我々の想像を越えた貧困に喘ぎ、
それから逃れようとアメリカへ渡る人が絶えなかった時代です。
わたしも以前、TVのドキュメンタリー番組で知りましたが、
今でも国内の人口より、国外に暮らすアイルランド人の方が多いそうですね。
ですから、そんなアルバートの選択も頷けるような気がしました。

23.jpg

そんな夢を実現したグレン・クローズはこの作品で、
昨年のアカデミー賞主演女優賞にノミネートされました。
ただ、これまでにも6回もノミネートだけで終わっているのが残念ですね。
それにしても、サスガの演技派女優~[ぴかぴか(新しい)]
演じるにあたって、男性のふりではなく、
男性として生きる女性に見せることを課題にしたそうですが、
いつも感情を表すことなく、口を一文字に結んだ表情などまさしくその通りで、
低い声でのセリフといい、男っぽい仕草といい、お見事の一言でした。

21.jpg

そしてヒューバートを演じたのは、
アカデミー主演女優賞ノミネートの経験もあるジャネット・マクティア
今作品でもアカデミー賞助演女優賞にノミネートされましたが、
186㎝という長身で陽気な大男ヒューバートを素敵に演じていました。

22.jpg

また、アルバートが見染めるホテルのメイドヘレンには、
アリス・イン・ワンダーランド」でアリス役を射止めたミア・ワシコウスカが、
可憐に可愛く演じていました。

24.jpg

それにしても、映画自体は見応えがあり充分楽しめましたが、
アルバートの人生が何とも救いようがなく思え、
ただただ、切なさだけが残ってしまい、
今年初めての映画館を後にする足取りが、チト重かったのが残念でした。
でもまあ・・・
ヒューバートには救いがあったから、良しとするか・・・

あしあと(8)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

あしあと 8

コメント 9

よしあき・ギャラリー

最近は、重く余韻が残る映画は敬遠していますね。^^;
by よしあき・ギャラリー (2013-02-15 14:07) 

collet

★Ritaさんお立寄りありがとうございます~^^;

★みなりんさんもありがとうございます!
by collet (2013-02-15 16:13) 

collet

★よしあきさんへ
わたしもかの「レ・ミゼラブル」を観てないほどに、
重いのは避けていたのですが・・・(-"-)

★ソニックマイヅルさんもありがとうございます~^^;
by collet (2013-02-15 16:16) 

たいちさん

19世紀のアイルランドは、大飢饉があり、また英国の植民地政策から逃れる為、アメリカへ移民として行った時期ですね。このような時代背景にあるドキュメンタリー的な映画のようですね。私は5年前にグレン・クローズが出演した「いつか眠りにつく前に」を観ています。
by たいちさん (2013-02-15 16:52) 

collet

★ゆきママさんお立寄りありがとうございます~^^;

★たいちさんへ
原作はアイルランド人作家ジョージ・ムーアの短編小説なのですが、
実際にもこんな生き方をした女性がいたかもですね。
とにかく、生きる為ならね・・・
「いつか眠りにつく前に」はこの映画の前作です。
あれは二大女優の共演で話題になりましたが未見なんです~(ーー゛)
いつか観ますね!
by collet (2013-02-16 13:15) 

collet

★wattanaさんいつもありがとうございます!
by collet (2013-02-16 13:16) 

シェルティ

こんばんは!
この女優さん、見たことある!「危険な情事」の
危険な女ね!

寒いので中々映画に行けません。
その為か?1番近い映画館が無くなりました(笑)
最近、TVで「カレンダーガールズ」を見ました。
コテコテハリウッド映画よりアイルランド映画
何だか味がありますね。
コスチュームのレトロも!
でも、重いのは…

60代の女性(男性?)ガールズ主人公の映画もいいわね。

by シェルティ (2013-02-17 19:38) 

collet

★シェルティさんへ
そうそう!あの時の危険な女を熱演した女優です~(^_-)-☆
それにしても、あれからすると随分老けたような・・・

ところで、また映画館が無くなったのね。
寂しいですね・・・
やはり映画は暗くて大きなスクリーンで観るのが一番なのにね~(-"-)

>60代の女性(男性?)ガールズ主人公の映画もいいわね。
最近の映画館はシルバー世代でもってるようなものだから、
これから益々増えるかもですね~~(^^ゞ
by collet (2013-02-18 13:40) 

collet

★yonta*さんお立寄りありがとうございます~^^;
by collet (2013-02-24 11:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。